2017/02/19

Jepeto Solutions / CE Schneider Topical Live 〜世界でいちばん優しい音楽〜

このエントリーをはてなブックマークに追加




CE Schneider Topical改めJepeto Solutions、そのライブはカジュアル感のあるラフな演奏でありながら(いやだからこそか?)曲の良さがより一層際立つ。単純にメロディが良くて気持ちが良くて、それだけでもう素晴らしい。

さすがにさらなるお昼寝感はないけれど、その代わりに体を揺さぶるリズムがある。Zach Phillipsのヴォーカル曲が加わったことで、なんていうかNHKの子供番組的な雰囲気も出てきた。歌のお兄さんとお姉さん、つまりはおかあさんといっしょ、鼻歌の最上級はやはり子守歌でもあってハンモックに揺れるノスタルジックフィーリングを連れてくる。あぁでもこの感じは絵本の読み聞かせのような気もしてきたぞ……zzz




そう、やっぱり曲がいいんだって。何気ないのに凄くいい。買い物に行かないで冷蔵庫の中にあるものでおいしいおやつを作ってしまったようなそんな感じ。お金をかけてさぁ作るぞって気合いを入れるんじゃなくて、肩肘はらずにサラッと作ってしまったような感じで高いお菓子じゃないけれどこの手作り感がたまらない、香るバターの幸せと特別感。





いままで散々ピクニックだ、子守歌だ、お昼寝だとか色々言ってきたけれど結局のところ、僕がCE Schneider Topicalの音楽から感じていたのは日常の愛おしさなのかもしれない。新しく引っ越した先に置き忘れられていた誰かのアルバムの写真をこっそりのぞき見ているようなそんな感じでもあるし、眠る前にお母さんの子供の頃はね……ってお話をベッドの中で聞かせてもらっているようなそんな感じもする。

そこで僕は気がついた。「世界でいちばん優しい音楽」そうだ、たぶん最初に聞いた時から頭に浮かんでいたのは小沢真理のこの漫画のイメージだったんだ。




シングルマザーのスウと娘ののんのん、二人で暮らす幸せな日常は夢物語だけれど落ち込んだり打ちひしがれたり感情の流れがリアルで現実の厳しさもしっかりあってだからこそどこかにあるかもしれない夢物語として素敵に輝き、愛おしさが溢れだす。

現実と地続きのおとぎ話、それはまったくCE Schneider Topicalも同じで夢見心地なだけでは決してなく、だからこそCE Schneider Topicalの音楽は世界でいちばん優しい音楽って言いたくなったりするんだろう。口に出すのはちょっと恥ずかしいけれど、でも本当にそうなんじゃないかってそう思う。優しさは甘さだけでは決して感じられない。

隣の部屋から聞こえてくる子供を寝かしつけるための絵本を読む声、それこそが僕にとっての世界でいちばん優しい音楽。そしてそれがこれだと言ってみたいそんな気分。

できることならば引き出しに入れたこのカセットを20年後か30年後にどこかの誰かに発見してもらいたい。そうやってそれこそ絵本のように受け継がれていってもらいたいって思うような素敵な音楽。そんなことをハンモックに揺られながら考える。これは世界でいちばん優しい音楽。













0 件のコメント:

コメントを投稿